寂しかった時の猫の行動

サイト内検索

ある日、私は仕事の打ち合わせで遠くの町に出向くことになりました。

予定では午前中に出かけて、夕食の時間には戻って来れるはずでした。

同じような予定で外出することが月に2回ほどはあったので、その日には猫にきちんと説明してから出かけるのです。

スポンサーリンク

言っていることを完全に理解できているかは分かりませんが、こちらの雰囲気と餌を用意している量、それに今までの経験から私の帰りが遅くなることを理解しているのでしょうか、きちんと説明してから帰りが遅くなっても猫はそこまで過剰な反応は示しません。

予定外に帰りが遅くなると、猫はやたらと寂しそうにして、私に擦り寄ってきます。

そして、その日もきちんと説明してから出かけたのですが、打ち合わせに時間がかかってしまい、しかも、帰りの電車が事故か何かで遅れてしまい、帰った頃にはすっかり暗くなっていました。

玄関の鍵を開けて中に入ると、いつも帰りが遅い時には玄関で座って待っている猫の姿がありませんでした。

もう寝ちゃってるのかな、と思いましたが、部屋の奥の方で物音がしたのでそこにいるのだろうと思って近づいてみました。

すると案の定、猫がいたのですが、いつもと違って猫は私から逃げ出したのです。

スポンサーリンク

どうしたのかなと追いかけてみると、ついに猫は逃げ道の無い、部屋の隅まで追い詰められました。

そこにあったラックの下の空間に逃げ込んだ猫は、まるで私のことを恨んでいるかのように睨みつけてきました。

餌などは十分にあげていたはずなので、それではないだろうと思った私は、猫が寂しかったのではないかと思い、いつもよりも高い声で猫を呼びかけてみることにしました。

高い声は猫を安心させるのに良く、遊んであげるときや撫でるときに使います。

それを聞き取ったのか、猫はいきなり私に擦り寄ってきました。

おそらく、予定よりもさらに遅い帰りになってしまったことでいつも以上に寂しい思いをしていたのでしょう。

その日は少しだけ仕事を進めておこうかなと思っていましたが、予定を変更して思う存分、猫と遊ぶことにしました。

スポンサーリンク

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

元野良猫のランキングに参加しています。ブログ村もsslに対応したようなので2016/11/5日より参加しました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ