「お犬様」ならぬ「お猫様」、一条天皇が寵愛した猫

サイト内検索

平安時代、貴族のようなくらいの高い人々のペットは、猫でした。

特に黒猫をかわいがっていたようで、古典にも猫は登場します。

清少納言によるエッセイ「枕草子」では、当時の天皇、一条天皇の異常なまでの猫のかわいがり方に、冷ややかな目を向けている記述が残されています。

スポンサーリンク

第九段は一条天皇が寵愛する猫に飼い犬の翁丸が噛みつこうとしたところから物語は始まります。

この猫にはなんと位が与えられていて、「命婦」という五位以上の女官という、大変高い位が与えられていました。

清少納言も「一条天皇にお仕えしているお猫様」という表現。

猫だけども天皇陛下がかわいがっている猫だから、お猫さまとするしかない、といったところでしょうか。

このお猫様にかみつこうとした犬・翁丸ですが、その後城を追い出され、戻ってきてしまうと家来に殴り殺されそうになってしまいます。

ボコボコになった翁丸は、中宮によって救われます。

スポンサーリンク

最初は翁丸ということを隠していましたが、隔しきれないと悟ると、ひれ伏して泣く翁丸を天皇に見せ、従来通りペットとして飼われることになったといいます。

猫に位を与え、危害を加えようとする者には容赦ない罰を加えるだけでも、その寵愛ぶりがうかがえますが、藤原実資がのこした日記「小右記」には、お猫様出産の時の珍事が。

「産養い」という、赤ちゃんが将来幸せになりますようにとお祈りする祝宴に、一条天皇のお母さんなど、最上級の位の人々によって行なわれたそうで、「奇怪の事なり」と嘆いています。

まさに「お犬様」ならぬ「お猫様」。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ