猫にケージは必要?

サイト内検索

猫を飼うとき、ケージを買っておくことが良いとされています。

ケージから出さないということではなく、ケージで最低限の生活ができるようにしておけば、いざというとき困らないからです。

今回は猫のケージについて考えていきます。

スポンサーリンク

猫の動きを制限するためのケージ

第一のケージの役割は、閉じ込めることです。

洗濯物を干すとき、来客時、料理をするときなど、ケージに閉じ込めておくことで猫を危険から回避させることが出来ます。

洗濯物を干しているとき外に出て行ってしまったら近隣の人に迷惑をかけたり、高い階数分落ちてしまったり、事故にあうことだってあるからです。

また来客されるお客様は、その猫の性格を知らないのでドアにはさむ可能性や踏んでしまう可能性だってあります。

揚げ物を調理する際、動物を足元に放しておくのはとても危険です。

刃物が落ちてくる可能性もあるので、料理中は近づけない方がいいでしょう。

突然の引越し等の猫の生活空間としてのケージ

ケージの第二の役割として引越しや災害時に家から離れることになってもケージに入れて飼う事ができるということです。

狭いペットキャリーバックに長時間入れて置けませんよね。

それにおトイレの心配や飲食の心配もあります。

さらに突然引越しや避難ということになれば、ケージに入るかどうかも心配です。

だから常にケージに慣れさせておくという考えで、室内とケージの両方を覚えさせておくことが必要なのです。

スポンサーリンク

猫多頭飼いのデメリット解消としてのケージ

第三の役割として、多頭飼いのときとても役立ちます。

何匹かの内の一匹が病気になったとします。

お薬を加えた食事の際、間違って病気ではない猫が食べてしまわないように部屋とケージで分けて食事を与えることができるのです。

また風邪など感染する病気の場合も分けて飼う事ができるのでちょっかいをかけないことや、感染予防にもなるので治るのが早いです。

もともと同じ環境で飼われていなかった猫同士もケージという居場所を作ることでゆっくり親しくなれるという場合もあります。

ケージはストレスになるという場合もありますが、デメリットがある分メリットも多いことに気付いていただければと思います。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ