猫テレビを見ています。

サイト内検索

私が一人暮らしをしてから飼い始めた猫は、時々ですがテレビをじーっと見ている時がありました。

文字通り、見ているだけなので、その内容がなんであろうとじーっと動かずに見ているのです。

私がテレビのリモコンを使って電源を消すと、猫はまるで不満でもあるかのように私のことを睨みつけてきます。

スポンサーリンク

欲しければ奪ってみせろと言わんばかりにテレビのリモコンを猫じゃらしのように振ってみると、猫は剣道の「小手」のように私の手に猫パンチ、決して痛いものではありませんが急な攻撃に驚いた私はリモコンを手放してしまいます。

しめた、と言わんばかりに猫はリモコンを操作しようと必死にリモコンを弄ります。

まあ、当然のごとく猫が電源ボタンをピンポイントで押すことなどできるわけがなく、しばらくその様子を楽しむことにしました。

いい加減、猫も諦めたかな、と思ったタイミングでリモコンを奪取し、電源をつけました。

確か、この時間は何かの映画をしていた頃だったかな、と思いながら、目の前にはコマーシャルが流れているだけです。

それでも猫は満足したのか、リモコンのことはすっかり忘れてテレビに見入っていました。

何が面白いのかと思いながら、私はコーヒー用のお湯を沸かしにキッチンへとたちました。

お湯を準備している間にテーブルのものを片付けようと戻ってくると、猫が急に走り出しました。

スポンサーリンク

何事かと思っていると、どうやらその原因はテレビにあるな、ということに気がつきました。

その日の映画は、外国のホラー映画だったのです。

コマーシャルが終わって映画が再開された瞬間に、本格的なメイクを施した何かしらの化け物が登場し、それが急な登場だったせいか、猫は驚いてどこかに逃げてしまったのです。

玄関付近で小さくなっていた猫を捕獲し、バラエティ番組に切り替えたテレビの前で猫をあやしていました。

猫もさすがにバラエティなら怖くなかったのでしょうけども、私の腕の中がよほど居心地が良かったのか、そのままの体勢でテレビを見続けていました。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ