猫のトイレは猫砂派?ペットシーツ派?

サイト内検索

猫は、用を足すと砂をかけてニオイを消そうとします。

この行動は、明確に理由がわかっていないのですが、1つは狩りの時ニオイで感づかれないために自分のニオイ消すためです。

そしてもう1つが自分のニオイで縄張りを強調してしまうためボス猫に目を付けられないためにもニオイを消すという理由です。

スポンサーリンク

家猫には、必要のない行動ですよね。

そこで猫砂で育てたほうがいいのか、ペットシーツで育てたほうがいいのか比べてみました。

猫砂の場合

猫砂は、用を足すと砂が排泄物をひとつにまとめます。

猫として砂でニオイを消せることからずっとトイレにとどまって何回も排泄物を踏んでしまうことは少ないようです。

しかし部屋には猫砂が散らばってしまい、部屋が汚れます。

トイレをケージに入れておくとケージの中の水に砂が入り不衛生です。

そして猫目線で見てみると意外に猫砂の煙が空気中にまうので目に入るとしぶしぶしてしまうのです。

また猫砂の種類により、燃えるゴミの日に出せないものもあるので、大変かもしれません。

スポンサーリンク

ペットシーツの場合

用を足すとおしっこの場合あまりにおいがありません。

砂ではないので部屋はきれいですし、ウンコの時はすぐに気付くことができる上にウンコの状態チェックも簡単です。

しかし猫が引っ掻いてしまい穴が開いたり、猫の足にウンコがついてしまいます。

トイレを毎日見ていることが出来ればいいのですが、外出時はトイレが悲惨なことになりそうです。

またガサガサしたものをおトイレだと認識してしまうのか、書類やビニール袋に用を足してしまう場合があるそうです。

環境で両方を使い分ければ、うまくトイレを整備できそうなので、どちらがいいということはありません。

猫によって好みもあるので愛猫ちゃんと話し合いましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ