猫の爪とぎ習慣対策

サイト内検索

先日私の革ジャンが爪とぎの餌食になりました。

猫の爪とぎは習性なのでいつ発動するのか全くわかりません。

小さい頃はやらなかったのに・・・ということは多々あります。

今回は爪とぎの解決方法としても特殊なものを考えていきます。

スポンサーリンク

爪とぎ防止シート

爪とぎ防止シートは、爪をといでしまう場所に張るだけで表面をシートで覆い保護してくれるアイテムです。

安いもので2000円ほどなので一度試しにという飼い主さんが増えています。

刺激臭で近寄らせない

猫の嫌がる刺激臭をとぎポイントに塗る方法です。

ウチの猫場合、メンソレータムなどの鼻につんと来る匂いでした。

効果はありますが、刺激臭なので猫の体に悪い効果を与えるかもしれません。

爪にキャップをつける

猫の爪用キャップというものがあります。

接着剤でキャップをつけるというシンプルなつくりです。

接着剤ですが、数週間で取れます。

スポンサーリンク

可愛そうすぎる手術

手術まで思いつめられるという事情が必要です。

例えば赤ちゃんの側で猫を飼うことになったなどの事情です。

手術なので猫の爪の根元、第一関節を切ってしまうことになります。

苦痛はもちろんその後爪がとげないストレスもきちんとお世話できるようにしなければなりません。

それ相応の対価ということなのでしょうか。

様々な方法がありますが、一番良い方法は、猫の行動範囲に遊ばれても良いものを置かないということです。

これからは洋服をすぐにしまうようにしたいと思います。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ