猫のヒゲは切るな!

サイト内検索

猫のヒゲって、ほっとくとどんどん長くなってきませんか?

出来れば真直ぐにピンとカッコよくセットしてあげたくなりますよね。

そこで、猫のヒゲについて調べてみました。

スポンサーリンク

そもそも、猫のヒゲって何のためにあるのでしょうか。

やたら長くて、不格好なきもするし、もう少し短くてもとも思ってしまいます。

猫のヒゲの意味

猫の顔のヒゲ

猫のヒゲは、上の画像のように上から、目の上(上毛)、頬骨の上(頬骨毛)、口の上(上唇毛)、口の隅(口角毛)あごの下(頭下毛)があります。

口の隅にあるという口角毛は、私には発見できませんでした。(たぶん、体毛と同じくらいの長さなので見分けがつかなかったのかと。)

猫は顔だけでなく足などにもヒゲがありますが、その話は次回ということで。

このヒゲ達が猫の顔の全域の触覚となっていて、猫はこの触覚によって、自分の通り抜けられる道、獲物との距離、攻撃されたときの防御等の行動を瞬時に判断します。

そして、猫特有の恐ろしいほどの運動能力とこの感知センサーによって、あの俊敏な動きができるのです。

猫の顔のヒゲの意味

最初に共通のヒゲの意味として、猫の顔の全ての大きさをカバーしていて通れる場所の広さを察知します。

猫のヒゲは普通の毛よりも深く体内に入り込んでいて、周りを知覚神経で覆われ、その感度は、空気の流れまで感知できるといいます。

あれだけ早く細い場所に突っ込んでいく猫の行動の意味がわかり、袋などの通り抜けられない物に突っ込んでいくのも、自分が向かっていく勢いの風の戻り具合で判断しているため、安心して突入していると思われます。

猫のヒゲと猫の行動

  • 自分の通れる場所を感知 猫のヒゲは、触れる前から空気の流れで障害物を感知するので、あれほど早く細い場所を通り抜けられるのです。
  • 敵からの攻撃を感知 自分を攻撃してくる敵の動きも、猫は髭が触れる前の時点で空気の動きで察知します。猫にとっては、どの位の大きさの物がどのような攻撃をしてくるのか、空気の流れで解っていることになります。
  • 自分の逃げる場所を判断 猫はヒゲの感覚で空気の流れを察知し、自分の逃げる方向まで瞬時に判断します。

猫のヒゲとハンティング

猫のヒゲは、自由自在に動きます。

特に上唇毛の動きは素晴らしく、自分の感情まで表しますし、猫のハンティングには必須な物です。

猫は、ハンティングの時や好奇心が旺盛な時はヒゲを前にだしますが、その意味は。

  • 獲物の逃げる方向を察知 猫のヒゲの能力は恐ろしく、相手が逃げる方向を素早く察知するだけでなく、相手の大きさや体の向きまで察知し、急所を襲います。
  • 相手が生きているか察知 猫の前で死んだふりは無理なことで、空気の動きや、ヒゲで触れる事で体の動きまで察知して相手が生きていることを見抜きます。

スポンサーリンク

猫のヒゲを切ると

猫の行動の上で一番大切なヒゲを切るということは、猫の行動や本能の全てを奪う事になります。

猫の行動と大きくかかわっているので、興味本位で切ってしまう事は絶対に止めましょう。

人間が切らなくても、病気等で抜けてしまう事がありますが、ストレスから動かなくなったり、さらなる病気の元にもなります。

また、切ったけど、普通に歩き回ってたという話を聞いたことがありますが、飼い猫で何時も生活している場所だからだと思われ、また、猫本来の素早い動きは出来ないはずですし、所詮猫のヒゲを切ろうと思いつく人の観察なので、普通に活動していたとは思えません。

とりあえず、生えているんだから、生やしておきましょうね。

スポンサーリンク

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

元野良猫のランキングに参加しています。ブログ村もsslに対応したようなので2016/11/5日より参加しました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ