部屋飼いの日本猫ブログ

一匹の野良猫との出会いから、このブログが誕生しました!最近は猫も家の中で飼う部屋飼いが主流になってきています。部屋飼いでも外飼いでもネコは可愛い動物です。

「猫の話」の記事一覧

チビ助と小粒

猫は高いところが好き

猫は高いところを好む習性があるようで、よく高いところに移動しているところを見かけることが多いです。 ウチで飼っていた猫も、目を離した隙にいつの間にか高い場所に移動していることが多くありました。 ある日、猫がしきりに私に対 […]
チビ助と小粒

テレビゲームと猫の笑える動き

私はテレビゲームをすることが多いのですが、その際には横で猫が座っていることが多いです。 最初は邪魔されるかな、と思っていましたが、特に激しく動くこともなかったので放置していました。 何かしら小さな動きをしているようにも見 […]
パンダ猫、小粒

猫じゃらしが嫌いな猫もいる

猫の遊び道具というと、猫じゃらしを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか? 実際、そこらじゅうに生えているので知名度も高いですし、これで遊んであげると猫の食いつきも良いので、こちらも楽しく遊ぶことができます。 お金もか […]
チビ助と小粒

猫のお気に入りのボール

友人の家には1匹の猫がいました。 子猫の頃から飼っている猫のようで、友人宅にはさまざまな猫用のおもちゃが置いてありました。 実際、そのほとんどは「置いてあるだけ」なのです。 使わないのか聞いてみると、その猫はしょっちゅう […]
パンダ猫、小粒

道案内をする猫

ある町には、道案内をしてくれる猫がいるという話です。 その町は少し変わった構造をしていて、外から来た人はすぐに道に迷ってしまうそうです。 この話をしてくれた友人も、届け物をするためにその町を訪れたそうですが、迷いやすいと […]
チビ助拾った日

自分の愛猫を自慢する宇多天皇

ネット社会である現在は、自分のペットを自慢する場はたくさんあります。 ブログにSNS。 インターネット上ですぐ更新でき、さらに反応も早い。 場所や年齢問わず、交流できるようになりました。 しかし、猫にメロメロだったのは昔 […]
パンダ猫、小粒

浮世絵師も惚れた猫、歌川国芳

猫を愛する人は、今も昔も同じ。 いにしえの文化人にも猫は愛されていました。 その一人に、浮世絵師の歌川国芳がいます。 歌川国芳は江戸時代末期を代表する絵師の一人で、その正確なデッサン力や奇想天外なアイディアで人気を博して […]
チビ助拾った日

「お犬様」ならぬ「お猫様」、一条天皇が寵愛した猫

平安時代、貴族のようなくらいの高い人々のペットは、猫でした。 特に黒猫をかわいがっていたようで、古典にも猫は登場します。 清少納言によるエッセイ「枕草子」では、当時の天皇、一条天皇の異常なまでの猫のかわいがり方に、冷やや […]
パンダ猫、小粒

恋愛成就の猫、銀座のコイコリン

一時、銀座三丁目に猫の集団が突如出現する、奇妙な現象がネットで話題になりました。 銀座三丁目の看板の上や三越のライオンの前などにおとなしくしている猫たち。 当初は珍しいと、道行く人が写メなど撮っていましたが、やがて「猫お […]