猫に水を飲ませる簡単な方法

サイト内検索

猫って水を用意してもなかなか飲んでくれませんよね。

ご飯と一緒に用意してもまるっきり飲まずにお風呂等の他の場所で飲んでることが多いと思います。

夏場などは、ある程度飲んでくれないと熱中症も心配です。

でももう大丈夫ですよ!猫に水を飲んでもらういい方法があるんです。

スポンサーリンク

猫が決まった水受けから飲まずに他の場所で飲む理由

猫は本来は水場の確保を大切に思っているのですが、お風呂場・トイレ・流し台などでの流れている水の存在を知ってしまうと、ご飯と一緒に出される小さな水受けには興味を持たなくなってしまうんです。

猫に専用の水受けから飲んでもらいたい場合は、水受けの水が他の水よりも安全で魅力的な水と思って貰えばいいのです。

猫の好む水

猫は本能的に安全と思える水を好んで飲みます。

■猫が感覚的に安全と考える水とは

  • 嫌な臭いのしない水
  • ドロドロなど、嫌な感触でない水
  • 嫌な味のしない水

これは当たり前ですが、なかなか飲んでくれませんよね。

■猫が本能的に安全と考える水とは

  • 流れている水
  • 魚の泳いでいる水
  • 水草の生えている水

実はこの本能的に感じる部分が大切で、お風呂に入っていると猫が水を飲みに来たり、魚の水槽を設置してあると水槽の水を飲んでいたりするのです。

猫に受け皿から水を飲ませる方法

猫がその水を安全だと認識し、尚且つ興味を持たせるには浮草を浮かべてやると効果絶大です。

この方法に変えて、我が家の猫達は水受けから飲むようになりました。

猫には何か所か水場を確保したいという本能があるので、他の場所では飲まないとはなりませんが、水受けから飲むのが当たり前といった感じでよく飲んでくれます。

そこで、私の知人何人かに実験を兼ねてドワーフフロッグピットを入れて貰ったところ、6人中6人とも、水をよく飲んでくれるようになったという返事をもらいました。

猫の水受け

我が家の水受けです。

100均で購入した蓋付のケースでサイズは内径で23×17×10cmです。

ドワーフフロッグピットは、もともとメダカを飼育していたのでそれを入れています。

スポンサーリンク

ドワーフフロッグピット

ドワーフフロッグピット

ドワーフフロッグピットとは、冬場や低光量に弱い浮草の中では低光量や寒さに強い、育てやすい浮草です。

ドワーフの一つの葉が1cm位で5枚位の葉で一株となっていて、ツルのような茎を出して枝分かれしていきます。

水中に漂うクラゲの足のような根を漂わせながら浮いています。

私がメダカブログに記載した去年から今年の冬の越冬実験(関東南部)で屋外での放置越冬にも耐えて元気に育ってくれています。

育て方は簡単で、水に浮かべて日当りの良い場所に置いておけば繁殖力が強いので勝手に増えていきます。

特別な肥料等は必要なく、水だけで勝手に増えますがボウフラ対策でメダカを入れておくと安心ですね。

関東南部の平地位の気温ならほったらかしで越冬可能ですが、寒い地域の方は冬場は家の中に入れて日当りの良い場所に置いておけば越冬できます。

よく似た浮草のアマゾンフロックピットでも構いません!

見た目はそっくりで、アマゾンフロッグピットの方が少しだけ大きく、葉の形もまん丸となっていますが、個体差もあり、見分けるのは難しいかも知れません。

猫が喜んでドワーフフロッグピットの入った水を飲む理由

専門家ではないので、私の感じたとおりに説明しますが、浮草があることで自然界の水のように感じ興味を示して飲んでくれるのではないかと思います。

貴方も、猫の水受けにお洒落にドワーフフロッグピットを浮かべてみませんか。

きっと猫達は喜んで飲んでくれますよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

元野良猫のランキングに参加しています。ブログ村もsslに対応したようなので2016/11/5日より参加しました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ