猫は薬物に対する抵抗力が弱く、中毒になりやすい

サイト内検索

猫は、人間以上に薬物などに対する抵抗力がなく、中毒になってしまうことが多いのです。

その種類は豊富で、普段皆さんがよく使っているものやよく目にするものでも猫にとっては危険なものが多いのです。

例えば、人間用の風邪薬はアウトです。

スポンサーリンク

人間用の風邪薬の中には「アセトアミノフェン」という物質が含まれていることがあり、猫がそれを摂取すると中毒になり、胃潰瘍や溶血性貧血の原因となってしまいます。

知識に乏しい飼い主が、人間用の薬を誤って猫に飲ませたり、保管が雑で猫に薬を食べられたりしてしまうといったことが考えられます。

次に、殺虫剤や殺鼠剤、ノミ取り首輪などの薬品類も猫にとっては猛毒です。

殺虫剤使用時に猫が傍にいたり、殺鼠剤を食べた鼠を咥えるなどにて薬品が体内に侵入してしまいます。

食べ物や植物だと、まずはネギです。

ネギ本体だけでなく、ネギのエキスが出た出汁や汁物も猫にとっては中毒になります。

先の尖った観葉植物の葉を食べる猫もいて、それも中毒の原因となります。

その他、スズランや朝顔、アジサイやアイリス、ジャガイモの芽といった、人間にも中毒を引き起こすような植物も猫の中毒の原因となります。

スポンサーリンク

また、安全なキャットフードでもカビが生えていると中毒の原因となります。

猫は、犬と違って何もかも口に入れるほど注意力散漫ではないのですが、グルーミング(毛づくろい)のために全身を舐めまわすときに体毛に付着していた中毒物質を舐めとってしまい、体内に侵入させて中毒となってしまいます。

子猫には特に顕著ですが、体が小さい分、少しの量でも重度の中毒症状を引き起こしてしまいます。

室内飼いの場合は大幅に中毒のリスクを減らすことができますが、それでも室内の観葉植物や台所の野菜、常備薬など、危険はまだまだ残っていますので、猫の手の届かない場所でしっかりと管理しましょう。

室外で飼う場合はできる限り中毒の原因物質に猫が近づかないように配慮しましょう。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ