猫が好む音、嫌う音

サイト内検索

よく猫を飼っている人はやたらと高い声で猫と触れ合っている様子が伺えますが、実はこれは猫にとっては良い音であるとされているのです。

逆に、猫は成人男性の低く唸るような声や音を苦手としているようです。

見た目ではなく、あくまでも低い音や大きな音で唸るような場合に猫は苦手としているようです。

スポンサーリンク

その理由は、低く大きな声は大型の動物を連想させるからです。

比較的体の小さい猫にとって、大型の動物は「捕食者」として見ることが多いのです。

野生で狩りを行う猫にとっては大問題となるのです。

なので、猫と触れ合いたいのであれば低い声では猫を怖がらせてしまうので、できる限り高い声を小さめに出すことを心がけましょう。

そのため、高い声や赤ん坊をあやすような声で猫と接することは理にかなっていると言えるのです。

つまり、猫は「高くて小さめの音」を好む性質があるので、それを利用して猫のストレスを最大限緩和する方法が「ペティーズ」です。

簡単に言えば、赤ん坊をあやす時の喋り方ですね。

わかりやすい例であれば、ムツゴロウさんの動物との喋り方ですね。

この喋り方であれば、猫はリラックスすることができ、ストレスによる病気の発症を最大限に防ぐことが出来るのです。

スポンサーリンク

ただ、風船が割れるような「刺激音」は猫を怖がらせてしまいます。

猫は突然の出来事に対して過敏に反応してしまうので、思わぬ事故の原因となってしまう恐れがあります。

また、音や音の原因となる物によって猫が何かしらの被害を受けた場合、猫はそれに対して苦手意識を持ち、近付こうとしなくなる場合があります。

猫は賢く、学習能力が高いためです。

なので逆にそれを利用して猫を遠ざける工夫ができる場合もあります。

猫を近づけたくない理由がある場所に、猫が苦手なものを猫よけとして置いておく感じになりますが、学習能力が高いのでそれが自分にとって無害であると学習されると無意味にはなりますが。

猫を近づけたいのか、遠ざけたいのかによって音を使い分けることが重要です。

スポンサーリンク

にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ

元野良猫のランキングに参加しています。ブログ村もsslに対応したようなので2016/11/5日より参加しました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ