三毛猫のオスが貴重な理由

サイト内検索

皆さんは、三毛猫のオスが貴重な存在で、見つければ高額で取引することができるという話を聞いたことがないでしょうか。

確かに希少価値が高いのであれば取引の価値も上がるのは当然なことですが、では、なぜ希少なのでしょうか。

その理由は、猫の体毛の色を決定するメカニズムにあります。

スポンサーリンク

猫の体毛は「染色体」に付随しているのですが、猫の性別を決定する染色体は人間同様に「X染色体」と「Y染色体」であり、「XX」でメス、「XY」でオスとなります。

なので、父親となる猫からXとYのどちらかの染色体を受け継ぐかで子猫の性別が決定されます。

そして、毛の色を決める遺伝子は、このうち「X染色体」にしか存在しないのです。

また、猫の常染色体には白色の体毛の遺伝子が存在しているので、三毛猫の場合、X染色体がそれぞれ1色ずつ計2色と、常染色体の白で、合計3色になるのです。

つまり、理論上は3色の体毛の遺伝子を持つことができるのは「XX」のパターン、つまり、メス猫しかいないはずなのです。

しかし、三毛猫のオスは希少価値が高いということは、実際に存在できるということになりますが、これには理由があります。

スポンサーリンク

オス猫の性染色体のパターンは「XY」なのですが、希に染色体異常により「XXY」のパターンのオス猫が生まれることがあるのです。

つまり、通常のオス猫よりもX染色体が多い状態で生まれてくるとうことです。

なので、「XXY」の2つのX染色体が異なる毛の色の遺伝子を持っている場合、オス猫でありながら三毛猫として生まれてくるということになるのです。

もちろん、2本のX染色体が同じ色の毛の色の遺伝子を持っていれば染色体異常でも、三毛猫にはなりません。

なお、オスの三毛猫が生まれてくる確率は約3万匹に1匹の割合であるとされています。

ちなみに、人間にも同様の染色体異常が発生することがありますが、これは500人に1人で、猫に比べればけっこう高い確率であると言えます。

また、三毛猫のオスは幸運を招くと言われていて、「招き猫」の置物のモチーフは、本来三毛猫です。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ