黒猫は不幸の象徴なのか?

サイト内検索

よく「黒猫に横切られると不吉なことが起こる」と言われ続けています。

道を歩いていて、目の前を黒猫が横切ったら、その日は何か良くないことが起こるのではないかという

焦燥に駆られる人も多いのではないでしょうか。

黒猫には特にどこか神秘的なイメージを感じなくもないですが、本当に黒猫が不幸を呼び寄せているのでしょうか?

スポンサーリンク

結論から言えば、そんなことはありえません。

そんな話は漫画や小説の世界に置いてきていただきたいものです。

イメージが定着した理由は、やはり「黒」という色合いが、どことなく良くないイメージを連想させるからではないでしょうか。

「死」「消失」「不幸」

などの良くないイメージを持つ色として認識してしまうことが、黒猫のイメージを悪くさせているものと考えることができます。

全身真っ黒というと、他にも「カラス」が思い浮かべられますけど、カラスにもあまり良いイメージは感じないのではないでしょうか?

カラスの場合はその素行の悪さも要因の一つなんでしょうけども。

色といえば、猫の場合、黄色い色の目をしている黒猫もいますが、「黒」と「黄色」というと、危険を知らせる色として用いられることが多いです。

そのため、無意識に危険意識を持ってしまうことも理由として挙げることができます。

また、真っ黒な体に光る目立つような黄色は、どことなく人に緊張感を与えてしまうことも原因でしょう。

スポンサーリンク

黒猫の不吉なイメージの大元は、西洋の伝承に登場する「魔女」の存在が大きいのも事実です。

その使い魔として描かれる描写が多いのは、やはり黒猫なのです。

悪い魔女の使いだから、黒猫も悪い存在なのだというイメージが根強いのでしょう。

しかしながら、黒猫本人としては決して人に好き好んで害を与えたいとは思っていないことでしょう。

なので、邪険に扱うことはやめてくださいね。

むしろ逆に、黒猫が横切ったら何か危機が迫っているのでは、と注意して、事故や怪我の防止に役立てるのも良いでしょう。

黒猫は私たちが油断しているところを叱りに来てくれているのかもしれませんよ。

スポンサーリンク

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

モバイル用猫メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ